薬剤師の転職とその動向について

薬剤師は転職しやすい環境

転職活動を始める薬剤師へ総合メディカル株式会社

薬剤師は転職しやすい環境 / 転職時には求人内容はしっかり調査

2006年より薬剤師になるには六年制の大学を卒業しなければならなくなり、当時は薬剤師の供給過多が噂され不安が広がっていましたが今でも人手不足は続いています。
そのため現在の求人市場は薬剤師にとって絶好の売り手市場と言えるのです。
求人は主に調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業がありますが求人数を確認すると比較的どの分野も転職しやすい環境と言えるでしょう。
改めて現在の動向を確認してみると調剤薬局の求人数が最多で、時点に病院が挙げられます。
ドラッグストアは人手不足が最も深刻な場所です。
ひとつの求人案件に対して多くの薬剤師を募集している場合が多いので、転職の際はチェックしておきたいポイントです。
この職場ではレジ打ちや棚卸といった他の業務も行う必要があり、知識以外にも様々なスキルを求められる職場です。
また患者と接する機会が多いので、コミュニケーションに長けている人に適している職場と言えます。
病院もまた求人が多い場所だと先に触れましたが、条件が厳しいものが多いので転職は難しいとされています。
また比較的人気が高い場所でもありますから、希望する場合は万全の状態で臨まなければいけません。
しかし現在、病院も人手不足を受けて少しずつ中途採用を増やしています。
仕事はハードと言われていますが、同時にカルテを読む機会があるのでスキルアップに最適な場所と言えます。

薬剤師は経験と化学知識でより良い転職もできる

薬剤師資格を取得後、最初に就職したのは全国区に出店している大手ドラッグストアでした。
就職と同時に上京しましたが、賃貸物件を会社が準備してくれ、経済力のない時ですので、とても助かりました。
新人の時から、配属先は調剤をメインとした薬局店舗でした。
医療モールにある病院などの処方箋を1日300枚ほど受領する店舗で、毎日夜遅くまで働きました。
3年程働いた後、多忙な毎日のなかセルフケアを怠ったせいで体調を崩し、退職することにしました。
働く意欲は強かったため、「せっかく東京にいるのだからオフィスで働いてみたい」と思い、憧れ半ばで転職活動を行いました。
次の就職先はすぐに決まり、次はCRO業界でデータマネージメント部で働くことになりました。
調剤薬局の中とは違い、大きな組織の一部署内の一社員というポジションに最初は馴染めず、初めてのことばかりで戸惑いはありましたが、徐々に組織的な動きに慣れていきました。
当時強みとしていたのは論理的思考と、前職でPDCAサイクルを回して、作業効率を上げていた経験があったので、それがデータマネージャーの業務とマッチしました。
理系であっても論理的思考が苦手な同僚は大変そうに見えました。
一緒に働く同僚と協力し合ってプロジェクトを遂行しました。
この仕事で、論理的思考と分析力が身についたと思います。
4年程データマネージャーとして働いた後、自分の強みとやりたいことの不一致を感じていたため、自己整理に時間をかけたいと思い、思い切って退職しました。
約1年程無職の状態で、暗中模索していました。
そろそろ働かなくてはと、ブランクがあることに不安はありましたが、就職活動を開始しました。
前回の転職と異なった点は、2回目の転職活動では、派遣会社を含め、複数の転職エージェントに登録しました。
薬剤師や化学という分野にこだわらず、出来るだけたくさんの会社の就職面接を受けて、自分の方向性なのかを模索したかったからです。
変わったところでは、例えば、住宅販売の営業マンやエンターテイメント会社の社長秘書などにも可能性を探りました。
書類審査で落とされたのも含めると、50社程に及んでいました。
不採用の通知をもらうたびに、何が悪かったのかと自問自答する日々が3ヶ月続きました。
悪いことばかりでもなく、面接で言われたことがきっかけとなり自分の良い素質や、本当にやりたいことをどんどん深く掘り下げることが出来たので、貴重な体験でした。
転職活動の終盤で、自分が進みたい分野が自然療法の分野で、自主性を発揮できる小さい企業か外資系企業にターゲットを絞ることが出来ました。
以前体調を崩した際に、自然療法を生活に取り入れて、少しずつ改善してきたという体験があったからです。
「自然療法」「化粧品」というキーワードが該当する会社には片っ端から書類を送りました。
終盤で受けた会社は、経験があるかどうかよりも、熱意や情熱の方を重視してくれる会社ばかりでしたので、職種はほとんど考慮しませんでした。
最終的に、自然療法の製品を扱う外資系企業のレギュラトリーアシスタントの職で内定しました。
七転八倒したおかげで、今は充実しながら仕事に携わっています。
レギュラトリーとして、論理的根拠を示すことを求められることは毎日のように起こります。
自分のこれまでの経験と強みをいかせているなぁという実感が大きいです。
毎日会社に行くのが楽しみで、新しいことに挑戦できる環境に身を置けて、嬉しく思っています。
調剤薬局で働き通すものと思っていましたが、色々と「欲」が出てきて、薬剤師だということを脇に置いて、仕事をするのも人生が豊かになるのではないかと思います。